2021年01月18日

Buufalo '66


  『バッファロー’66』が1月29日より渋谷シネクイントで

再上映されるとの事なのでまたチョッと書きますね。

 ストーリーをおさらいすると出所したビリー

(ヴィンセント・ギャロ)が両親に取り繕うために

レイラ(クリスティーナ・リッチ)を誘拐し妻の

ふりをして会わせる。レイラは両親に余計なことを

話しビリーはイラつくがレイラはそのままついてくる。

ビリーが入獄したのはスーパーボウルでの懸けに失敗し

身代わりになったためだが試合で「バッファロー」の

スコット選手が金のためにわざとフィールドゴールを

外したと知ったビリーは復讐しようとするが。



 ビリーが出所した一日のお話なのですが前にも

 書いたかもですが冒頭のシーンで雪の中を出所

 したビリーが寒さでトイレに行きたくなるのですが

 どうしても出来なくなりしまいには出なくなり

 そのまま両親に電話する流れが素晴らしいんですね。

 バスを降りてからカメラが俯瞰でずっといって

 電話のところではドアップでこの切りかえしが

 面白いですね。ぐーーーーと引き込まれるんですね。

 あと人物がすべて奇妙でビリーの母(アンジェリカ・

 ヒューストン)もレイラが話している最中にも

 テレビ(それも録画)のフットボールに夢中だったり

 父の方は元歌手だった言いすると母は「じゃあ歌って

 あげたら」なんて言いでレコード掛けて歌うとやたら

 声が良くてさらにレイラがもう一曲歌ってというと

 起こるんですね!やあいいですね!

 あとビリーがやたらボーリングが上手くて

 しかしレイラには投げさせなくて退屈して

 タップダンスをするんですがこの感覚がまた

 いいですね! ラストがまたまたいいですね!


  ということで それでは、

  ありがとうございます。

  


posted by やすおみ at 20:17| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

『メッセージ』



 フランス繋がり(監督のドゥ二・ヴィルヌーヴがカナダ・ケベック州フランス語圏

出身)またそのヴィルヌーヴが『未知との遭遇』を観て映画界を目指したとのこと

ということでまたまた『メッセージ』を観たのでチョッとかきますね。

 宇宙人のメッセージを解読するのに彼らは四次元の世界にいて

言語を三次元で表していてそれが理解出来ればということで

で、それはどういうことかと言うと我々三次元の世界だと言語は

二次元ですよね。、それを理解するのは最初からスキャンしていく

イメージなんですが次元上昇している彼らはソレを俯瞰して見ることが

出来る。ですから「未来」が見えるんですね。

そう言えば『帝国の逆襲』でヨーダが「未来」を見えていて

その教えでルークも見えるようになりますよね。

さらにイエスキリストは「未来」が見えていましたよね。

ユダに「お前はワタシを裏切る」といいますよね。



 ということで それでは、

 ありがとうございます。
posted by やすおみ at 20:57| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月08日

『冒険者たち』



 『冒険者たち』は、

1967年のフランス・イタリア映画で

監督は、ロベール・アンリコ、原作・脚本(共同)は

ジョゼ・ジョヴァンニで小説家・映画監督でアランドロン

とは『ル・ジダン』『ブーメランのように』と組んでいますが

その経歴がすごくて戦時中から犯罪組織と関係しゲシュタポの

協力者でもあり誘拐や強盗を犯し死刑判決を受けるが大統領恩赦

により出所、その後小説家・映画監督になったということで

アランドロンも家庭の不和から様々な問題を起こしのちに

フランス軍に従軍しその後、職を転々とし俳優になったことも

ありジョゼと気があったと思います。さらに共演のリノ・ヴァンチュラ

も変わり種で元はプロレスラーだったがケガで断念しその風貌で

ギャング役から出発しました。あとひとりの女性はジョアンナ・

シムカスが美しくてまた役名「レティシア」がいいですね!



 レティシアは前衛芸術家で制作のため鉄を探していて

ローラン(リノ・ヴァンチュラ)の工場にやってくるが

今いそいでるからヒマなら手伝わないかと飛行場に連れてこられ

パイロットのマヌー(アランドロン)が凱旋門をくぐれたら

賞金がもらえると言われ練習しているところだった。

あくる日、本番に臨むが凱旋門には国旗を掲げようとしていて

あっけなく失敗、さらにマヌーは免許をはく奪される始末。

さらにその話はウソで起こったマヌーらは話を持ってきた

保険会社の男を痛めつけるが男は苦し紛れにコンゴの海に

墜落した飛行機にお宝が眠っているという。

最初は相手にしないがマヌーはそんなわけでお金に困って

くるしローランも開発中のレーシングカーが上手くいかず

レティシアも個展を酷評されお宝の話に乗りコンゴへ出発、

現地でその墜落したセスナに乗っていて生き残ったという

男と遭遇、さらに横取りしようと監視している男たちも

現れるのだった・・・・。




 まさに映画中の映画ですがそれはやっぱりフランス映画

だから名作になりましたね。映画の男たちの経歴からも

分かる通りまさに波瀾万丈な物語を違和感なく表現できて

いますね。プロットも色んな作品に使われ直近では007

の『スカイフォール』で軍艦島が舞台になっていましたが

それは本作でこの後要塞島が出てきますがそれでしょうね。

それから男2人と女1人というのもよくありそれでいて

なんか取り合いとかしないのがいいんですね。

これも後に色んな作品でありますねぇ。


 ということで また!

 メルシーボークー!

 ありがとうございます。
posted by やすおみ at 23:20| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月05日

『天気の子』ONAIR



 『天気の子』がテレ朝でONAIRされたので

またチョッとかきますね。

陽菜の「100%晴れ女」の能力のことですが

コレは新海誠自身のことで『君の名は。』が

メガヒットし世界的有名になり色んな話があり

言葉を浴びせられ良くも悪くも期待され

次回作をとなりまさにソレをそれを表したんですね!

それで映画でも陽菜がそうなったように自身が

薄れていくんですね。でもラストにあるように

「大丈夫」だというわけで決意表明なんですね。


 ということで、また!

 ありがとうございます。


posted by やすおみ at 20:51| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月03日

LA LA LAND



 NHKで観たのでまたチョッと書きますね。

まず冒頭のアヴァンタイトルの高速道路でのシーンが

素晴らしく渋滞していてそれぞれが違う音楽を聴いていて

その中の黄色に水玉のドレスの女の子がハリウッドに出てきた

経緯から歌に入り踊りだしそれに続いて男が入りやがてネクタイの

男がミュージシャンで加わってきてやがてトラックを開けると

バンドがいてやがて群衆になっていくんですがここまでを

3カットほどで撮っているんですがこの素晴らしさ!

でこの黄色いドレスから始まるのはこの「黄色」が本作では

夢を表していてしたがってメインタイトルの文字も黄色で

ポスターのエマ・ストーンの衣装も黄色なんですね。

この後、セブとミアが登場しメインタイトルへの流れですね。

 そしてラストですがこのラストが気に入らないといいのが

あるみたいですが、これこそがデミアン・チャゼルの狙い

だと個人的には思いますがこれが今までのミュージカル映画だと

ハッピーエンドで終わった方がとかいう感じなんでしょうが

それで見せ方も両方でしているわけなので「ほらこうがいいんでしょう」

っていうところではないでしょうか?


  それでは、また!

  ありがとうございます。


posted by やすおみ at 12:49| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

未知との遭遇



 HAPPY NEW YEAR 2021!

 今年もよろしくお願いします。

ということで4k第2弾は、

これも大好きで何度も観たいスピルバーグの原点!

『未知との遭遇』のことをチョッとかきますね。

そのスピルバーグがインタビューで語っていますが

SFを意識したのではなくウオーターゲート事件が

発端になっていてそれは政府の隠蔽ということですね。

それに自分が信じていたUFOや宇宙人のことを描きたかったと

脚本としては『ジョーズ』より前に完成していたが実績がなく

資金を得られなかったが『ジョーズ』のヒットでそれが可能に

なったとのこと。ですから映画でも登場しますが『ピノキオ』

にある「願いは叶う」というモノ。そして「隠蔽」のことですが

今もまさにその真っ只中にあるんですよね。お気づきでしょうか?


 ということで それでは、また!

 YOU ARE NOT ALONE

 ありがとうございます。
posted by やすおみ at 12:16| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月28日

ルパン三世・カリオストロの城



 コロ珍で劇場公開がのびのびになっていて

うっぷんがたまっていることもあり4Kテレビなどを

購入し4K「カリオストロの城」を買ったのでまたまた

チョッとかきますね!


 まずオープニングの場面、知っている人も多いかと

思いますがルパンと次元が乗っているフィアットに

五右エ門も後部座席にいるんですね。それで考えたら

追ってくるクルマが真っ二つになっていますが

こんなことを出来るのは五右エ門だけですね。

ではなぜ姿を見せないかというと宮崎駿は

当初五右エ門と不二子も登場させないつもりだったが

東宝側から「いいかげんにしろ!」といわれ仕方なく

出した。で不二子は物語に絡められたが五右エ門は

どうにもうまく入らずこういうカタチになったとのこと。

 「カリオストロの城」のタイトルが出てすぐの場面で

夕方になっていてルパンと次元は休んでいてそこを人々が

通り過ぎていきますがその人たちは家へ帰っているが

ルパンたちはそれには抜けた世界にいるということ。

さらに白い服の女の子を脇をフィアットが通り過ぎる際に

チョッと車線を変更して避けるんですね。これはなぜかと

いうとそのまま通ると白い服を砂塵で汚してしまうから

気を使うんですね。運転しているのは次元でしょうが

その紳士ぜんとしたところを表していますとのこと。

クラリスの魅力について書くと若きルパンに一杯の水を

飲ませたことで今回ルパンは命を懸けるんですね。

さらに次元と五右エ門にも「次元様」という挨拶で

魅了されるんですね。どういうことかというと

当たり前のことだけやっていてはダメなんですね。

ルパンたちにもそれがあってそれはどこからくる

のかなあという問いかけでもあるんではないでしょうか?



 あと『紅の豚』は「カリオストロの城」

リニューアルなんですね。それで結末が観た方は

わかるかと思いますがああなるんですね。


 今日はこの辺で

 それじゃ またな!

 ありがとうございます。
posted by やすおみ at 21:33| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月19日

シカゴ7裁判



 『シカゴ7裁判』の

脚本・監督は、『ア・ヒュー・グッドメン』で知られ

法廷ものを得意とするアーロン・ソーキン。

出演は、『博士と彼女のセオリー』『ファンタスティックビースト』の

エディ・レッドメイ、『(500)日のサマー』『ザ・ウォーク』の

ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、マイケル・キートン、

『フロスト×ニクソン』のフランク・ランジェラら。

パラマウントが2020年9月に全米公開予定でしたが

コロナの影響で断念Netflixに配信権を売却した。

シカゴ・セブンと呼ばれる実際の裁判の被告たちをさす。



 1968年、大統領選挙を控えたシカゴで民主党大会が

開かれたがベトナム戦争反対派の若者が終結しデモを

繰り広げ警官隊と衝突し数百名の負傷者が出た。

 ニクソン政権誕生後、デモに参加したグループの

3つのリーダーたち7人を国が訴えた。

ブラックパンサーのボビーは弁護士を付けず自らを

弁護人にしようとしますが判事は拒否、そんな中

仲間が警官に射殺されいよいよ怒りが爆発するが

身体を拘束される。温厚なデリンジャーまでも

判事への反発で職員に暴力をふるう。

弁護士は起死回生をと前司法長官クンスラー

(マイケル・キートン)を証人とするが

これまた判事により証言を有効とさせない。

ヘイデン(エディ・レッドメン)の集会時における

市民を暴動に扇動したかのテープが寄せられそして

ヘイデンは陳述を始めるが・・・・。



 アメリカにおいて裁判は生中継するようなTVが

 あるほど関心があり検察側と弁護側のやりとりは

 まさに演劇のようでありエンターテインメントと

 して成り立っています。

 国がなぜこのように7人を訴えたかというと

 やはり「権力闘争」ですよね!

 映画でもこの判事というのが権力を象徴する存在であり

 それを如何にして対抗するのかということですよね。


  それでは、また!

  閉廷とします。

  ありがとうございます。
posted by やすおみ at 21:37| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「幸福の黄色いハンカチ」

7F0C81E4-5123-4D0A-A856-2BE1D792207D.png
 又々、「幸福の黄色いハンカチ」のことを

少し書きます。勇作(高倉健)といっしょに

旅する欽也(武田鉄矢)と朱美(桃井かおり)の

視点から考えたら二人とも失恋して北海道に

やって来て勇作と出会うことにより彼らも

「再生」していくんですね。朱美は最初は

泣いてばかりいますが段々強くなります。

欽也はフラれて朱美をナンパするわけですが

勇作との出会いで本当の「幸福」を知ること

になるんですね。

 ということで それでは またね!

 ありがとうございます


posted by やすおみ at 11:28| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月15日

太陽を盗んだ男



 『太陽を盗んだ男』は、

主演は『キネマの神様』の出演など話題の沢田研二、

共演は菅原文太、池上季実子、他に北村和夫、伊藤雄之助

風間杜夫、水谷豊、西田敏行ら。

原作は『ザ・ヤクザ』『男はつらいよ 寅次郎春の夢』(共同)の

レナード・シュレイダー(共同脚本)、製作は山本又一朗『ベルサイユの

バラ』『ルパン三世』(2014)、監督は、長谷川和彦『青春の殺人者』。

1979年作品。


 まるっきりやる気のない中学の理科教師の城戸(沢田研二)だが

引率したクラスのバスがジャックされ事件解決に体を張った刑事

山下(菅原文太)によって助けられその際に城戸も協力したのだった。

その後、城戸は東海村の原発に潜入、プルトニュウムを強奪し

アパートで原爆を作成する。そしてダミーの原爆を国会議事堂の

トイレに置き、警察庁長官に電話しそのダミーを回収させ

交渉相手に山下警部を指名する。第1の要求はテレビのナイター

中継が途中で終わるから最後まで見せろ!というモノ。

中継は延長され浮かれる城戸だが次の要求が思いつかず

ラジオのDJゼロこと零子(池上季実子)にONAIR中に

電話、「俺は原爆を持っているが何を要求したらいいか

わからない」といいゼロはいたずらだとおもいつつ

リスナーにアンケートするがやはりロクなモノはなく

ゼロは「ローリングストーンズの東京公演はどう?」

といい城戸は乗ることにしゼロを巻き込んでいく。

さらに城戸は原爆作成のためサラ金から借金しており

返済を迫られ第3の要求として「5億円」を要求、

山下は現金受け渡しはチャンスと逆探知の時間を

短くし備えるが・・・・。


 沢田研二はこういう狂気な人物を演じるのが

結構あって「太陽にほえろ!」でやはり狂気的な

殺人犯をやったり「悪魔のようなあいつ」という

ドラマでは三億円事件の犯人を演じました。

 今回観てわかったのは父と子の関係を

描いていてジュリーが息子で文太さんが父、

池上季実子が母性の象徴なんですね。

 ということで またね!

 ありがとうございます。
posted by やすおみ at 23:47| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする